ローソク足・トレンドライン

FXの初心者にとって、チャート分析を行う際にまずやってみるべきなのは、「ローソク足」をつくることです。まずは任意の期間で過去の価格の変動をまとめたものを並べてみます。そして、その変化の状況を1ヶ所にまとめて、数学の時間に習った棒グラフのように、「トレンドライン」という1本の直線で表してみます。これによって自分の持っている通貨ペアの価格が上昇傾向にあるのか、下落傾向にあるのか、ということが一目で理解できます。

XEマーケット 入金方法


XMには、VISA、MasterCard、JCBなどのクレジットカード、Neteller、Moneybookers WebMoney、iDEALでの電子決済、電信送金、Western Union、MoneyGramでの入金方法があります。この豊富な入金手段があるのが独自の特徴と言われています。

Western UnionとMoneyGram以外での入金では、手数料をXEマーケットが負担してくれます。クレジットカードが一番便利なのは間違いないですが、それ以外の方法も状況によっては、便利に利用することができます。そして入金手数料が無料というのは、目立ちませんが意外と大きなサービスです。
 



わかりやすくするために、手数料がどれくらいかかるのかを、計算してみます。例えばNeteller(ネッテラー)では、クレジットカードからネッテラーへの入金に1.75%〜4.95%、Moneybookers(マネーブッカーズ)では、クレジットカードからマネーブッカーズへの入金で1.9%+送金手数料1%かかります。

送金金額が大きくなればなるほど手数料も多くかかってしまいますが、XEマーケットでは手数料を後から口座に返してくれるので、手数料を心配する必要はありません。

そして銀行の電信送金では、よく知られているように、もっと高額の手数料がかかります。しかしその場合でも、手数料を証明する書類をXEマーケットに送ると、手数料が口座へ入金されます。

ここではXEマーケットでの、クレジットカードを使った入金方法を紹介しましょう。

XEマーケットは海外のFX業者ではありますが、操作画面は完全に日本語に対応しており、操作自体もとても簡単です。もし不具合や分からないことがあっても、日本語のサポートが充実しているので心配はいりません。ここでは最低入金額や、入金が反映されているのかの確認方法も紹介します。

XEマーケット クレジットカードによる入金方法

㈰入金画面

㈪入金の反映を、自分のアカウント画面で確認する

㈫反映を、MT4でも確認する

XEマーケットでは初回の入金額によって、その後の取引条件が変わってきます。

■マイクロ口座

初回最低預託金 5ドル〜20,000ドル→最大レバレッジ888倍

初回最低預託金 20,001ドル〜100,000ドル→最大レバレッジ200倍

■スタンダード口座

初回最低預託金 5ドル〜20,000ドル→最大レバレッジ888倍

初回最低預託金 20,001ドル〜100,000ドル→最大レバレッジ200倍

■エグゼクティブ口座

初回最低預託金 100,000ドル〜上限なし→最大レバレッジ100倍

XEマーケットが提供する経済指標カレンダーは、世界中の重要指標に対応しています。これらの重要な情報を、リアルタイムで掴むことができます。また表示される情報も、重要度が3段階にわかれて示されるので、より分かりやすくなっています。